「行為としての写真論」にむけて

 今あるほとんどの写真論は物足りない。写真はテクノロジーが進化して、あるいは現代美術と接近して、私たちが写真に接触するその形を増やしたり減らしたりしている。そして写真論といえば、杉本博司が現代美術として評価されることもあれば、メディア論として展開されることもある。でもこれだけでは物足りない。では何が足りないか。答えを先に言うとそれは「撮る」ということを置き去りしてしまっているからだと、ぼくは思っている。写真論を展開するときのほとんどが、すでに「撮られた写真」を対象にする。そうすることで写真の緻密な分析が進んだと思う。またじぶんが撮っていない写真でリタッチされていない写真を見る機会は少ない。そんな日々誕生し続ける「撮られた写真」にはまだまだ語り白はあるかもしれない。でも「撮られた写真」も撮るという行為を抜きには生まれない(撮るという行為を抜きに写真を成立させようとする現代美術/作品もありますが)ことを念頭に、「行為としての写真論*1」を構想してみたい。

 実はこのような話を日本で一番熱心にしていたのは荒木経惟だと思う。荒木経惟は写真集だけではなくて、大量の著作があるけど、『写真への旅』には「肉眼戦」という言葉が出てくる。これはアラーキーらしい言葉遊びではあるんだけど、荒木経惟の頭には間違いなくからだを伴った行為としての(写真)撮影がある。しかし読んで欲しいけど、荒木経惟の文章も物足りない。わがままかもしれない。なぜこんなこと言い出してるのかと言うと。じぶんがなんとなく写真を撮り始めてからどちらかと言うとほとんど風景や静物にカメラを向けて作品化してきたけど、気が向いて人にカメラを向けた時のどぎまぎした感じが、これって人とのコミュニケーション足りえるのではと思ったり。もっと言えばこの撮影という行為が持っている、イメージを形作る被写体への作用、これについて話さなければ写真のことについて何か言ったことにならないのでは思ったりして*2。でも目にする写真論にはなかなかこのことが書いてなかった。それと写真サークルの後輩から伝え聞いたある人のエピソードがある。その人は好きでじぶんの好きなように写真を撮っていたのだけど、いわゆる商業写真を撮るようになって、撮りたいわけでもない写真を撮るようになってわけが分からなくなって、一度持ってた機材も売ってしまって写真を撮ることをやめてしまう。でもその人は写真が捨てきれず手元に残っていたカメラで温泉を撮り始める。この話を聞いて、もうこれは写真の観賞することより撮影こそが人を惹きつけてやまない写真の独自性、つまりは写真論足りえるのではと思った(バカ)*3

 写真を好きで撮ったことがある人は、写真を撮ってる時のあの感覚、それも一枚だけではなくて被写体を前にして、何枚も何枚も費やしてしまう時の緊張と興奮を覚えていいないだろうか。そして静かに微細に繰り広げられる被写体と往還するやりとり。熱心に撮らないよという人は、電車の中でiPhoneをはっきりとじぶんに向けられることを想像してほしい。一方で、全くその空間・瞬間に同化しては撮れない、どこか一歩引いた位置からしか撮れないということが写真を撮ったことがある人はわかるのではないでしょうか。カメラを向ける/向けられるというのはそれだけそこに特殊な空間、時間が広がるということでもある。これを掬い取ってみたい。写真は他の芸術よりもお手軽というか、間口は広いと思う。芸術として、あるいは作品としてではなくても写真を撮ったことがある人ってすごい人数なんじゃないか。だからこそ写真を撮ることについて言葉を尽くすことでもって豊かな何かが見えてくると思う。ネットで調べる限り(すいません!)あんがいこの話はしている人が少ないようで、東京外国語大学カンボジア語専攻の滝沢学さんが(なぜか!)『写真論―「撮る」ことから写真を眺めて―』*4を書かれている。滝沢さんは「はじめに」の中で分かりやすくこの写真論の問題を整理されている。

「写真とは何か」という哲学的な問いには答えられても、「なぜ人は写真を撮るのか」というある種の心理学的な問いには答えられずいた。

賛否はとりあえずこの滝沢さんの論文を読み進めることから始めようと思っています。もしこういう話を深くしている人が他にいたら、助けると思ってこれからの文章が無駄になる前に早めにご教示下さいますよう、よろしくお願い致します。

*1:細かい話をすると、これは撮影論ではあるんだけど撮影論というと、どうしても技術論が中心になってしまうので、あくまで写真論というより大きな枠組の中で、撮影という行為の価値を取り上げ直したい

*2:そうするとこの話は被写体をポートレートに限定することになる?

*3:同じ撮影でもでもどちらかと言えばこのような話は映画撮影の方で掘り下げられているような気がする

*4:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/kidlat/soturon/TakizawaSoturon2011.pdf